スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これがホントの穴場検索!? スポット共有アプリ

こんにちは、ブログ担当のdecoです(´▽ ` )
最近はさすがに冬らしく、雪が降る日も多いですね。
バスや電車が動かなくなることもあるので、ちょっと遠出には難有りな季節です。
なので近場のスポットに目を向けて見ませんか?
近場に観光スポットなんて無い? 行き尽くした?
いえいえ、そんな方々でも大丈夫!
というわけで今回は、個人的観光スポット作成&検索iOSアプリ『Logo.』をご紹介したいと思います!

観光スポット検索アプリはたくさんありますが、『Logo.』は観光スポット”作成”アプリ。
そう、『Logo.』のすごいところは、どこでもスポットになってしまうところです。
一見何の変哲もない場所でも、一人でも「誰かに教えたい!」って思ったら、普通の観光地のように地図上にピンが刺されて紹介文が表示されちゃうのです( ・`ω・)

世の中、観光地はたくさんありますが、駅の観光案内や旅行会社が企画する場所はありきたりなところばかり。
案外、大勢で賑わったと話題になるのは所謂「聖地巡礼」と言われるニッチな場所なことが多かったりします。
登録スポットはインパクトのある看板や独創的過ぎる料理を出す店など、一発ネタなものも多そうですが、メインの外出先のついでなら大いに有りかもしれません。
そういえば昔、変な名称の建物とか看板とかを紹介した本が流行っていたような…『Logo.』はそういった本のアプリ版って感じでしょうか(´ー ` )


地図マーカー
無いのなら 作ってしまえ 観光地


広告よりクチコミの方が、例え全然知らない人の書き込みだとしても信憑性が高く感じるものです。
クチコミは特殊な場合を除いて金銭が絡みません。書いた人の純粋な満足、不満足がそのまま現れます。
フィーリングが合いそうな人が見つかれば、どんどん行きたい場所が見つかるかもしれないですし、逆に自分が登録した場所をどんどん訪れてくれる人が出てくるかもしれませんね(´▽ ` )
それでは今回はこの辺で!


関連リンク Logo.

この記事いいね!






スポンサーサイト

「あ、この曲なんていうんだろ?」に答えてくれる! 音楽検索アプリ

こんにちは、ブログ担当のdecoです(´▽ ` )
ふと立ち寄ったコンビニ、いつものスーパー。色んな音楽が流れています。
流行の歌を流していることが多いですが、懐かしい歌やマイナーな歌がチラホラ聞こえてくることも。

懐かしい歌の時は「あー、何だっけ…」と喉まで出掛かっているのに思い出せないことがあったり、マイナーな歌の時は「初めて聞いたけど、何か好き!」ってことがあったりと、今聞いている曲のタイトルが知りたい時、ありますよね。
歌手や使われた番組が判らなくとも、歌詞の一部をキーワードとして検索する手もあります。が、それさえ出来ないとなると確定は困難といえます(- _- ; )
…なんて思っていたら、意外な方向からアプローチしてくるアプリが存在しました!
というわけで、今回は音楽検索アプリ『Shazam - 音楽検索』をご紹介したいと思います!

『Shazam - 音楽検索』はその名の通り音楽検索のアプリなのですが、検索の方法が画期的!
何とスマホに対象の音楽を「聴き取り」させるそう…(゚д゚)
気になる音楽があったら起動させて、スマホに聴き取りさせると判別。すると、タイトル名と歌詞が表示されるとか…”検索”というものはこのようなレベルにまで進化してきていたのか…。

残念ながら自分で歌ってもスマホは聞き取りしてくれないので、気になる曲があったらすかさずアプリを起動させる必要有り。
それから聞き取りはスマホの性能に左右される様子…うーんこの辺は仕方ないですね。入力機器で差が出るのはこのアプリに限った話ではないし。


歌手
多少ノイズが入ったような音質でも聴き取りしてくれるらしい!


現在、Android版とiOS版があるようです。
調べた曲はリストで表示されるので、聴き取り&判別さえ終わっていれば後で見直すことが出来ます。
聴き取り所要時間は8秒程度とのことなので、メドレーになってる曲をそれぞれ知りたいときとかにも活躍しそう(´▽ ` )
それでは今回はこの辺で!


関連リンク iOS版『Shazam』 Android版『Shazam』

メモが捗る! ながらメモアプリ

こんにちは、ブログ担当のdecoです(´▽ ` )
メモ、取ってますか?
毎日たくさん取る人、たまに取る人おられると思いますが、まったく取らないという方はあまりおられないかと思います。

decoは、メモは大きく分類すると「忘れるため」のメモと「忘れないため」のメモに分けられると考えています。

「忘れるため」のメモは、後で調べようと思ってる単語、後で閲覧しようと思ってるサイトのアドレス等。
書かれた内容に対して一度何かしらアクションを起こせばお役目が終わるタイプです。
これは、「記憶の外に記録して、後から見返せるように」という目的のメモになります。
一方「忘れないため」のメモは、感動した素敵な言葉、目から鱗が落ちた情報等。
内容とそのメモを取った理由に意味があるタイプです。
メモを取らずにはいられなかった、「ずっと記憶に留めておく」ことを目的としたメモになります。

まとめると、
「メモしたい事柄→メモ帳」は「忘れるため」のメモ。
「メモしたい事柄→自分での記憶→メモ帳」は「忘れないため」のメモ。
という感じですね。

どちらのメモもそれぞれ大事で、またそれぞれ取る機会はごまんとあると思います。
というわけで今回は、2種類のiOSメモアプリ『ブラウザメモ』と『メモ2』をご紹介したいと思います!

『ブラウザメモ』はブラウザを見ながらメモが取れるアプリです。
特に資料集めに向いているのではないかと思います。
サイトの内容をコピーしてメモにペースト出来ますので、ブログのネタやレポート等に使う引用に便利そうです。
閲覧しているサイトの方にメッセージを送りたい時に、先にここで大まかな内容をメモするのもいいかもしれません。

『メモ2』は写真を見ながらメモが取れるアプリです。
写真を撮った時の状況まで保存するのによさそうです。
iPhoneで撮影した写真は日付ごとに自動分類されるので、「いつ」撮ったものかは判ります。
けれど、詳細な「どこで」(○○町の○○という店等)と「どんな理由」で撮ったのかまでは記録されないので、その時は判っていても後日パッと思い出せるとは限りません。
美味しいお店に巡り合った時には、写真にお店情報のメモを添えておけば知り合いに紹介しやすそうです。
風景の写真であれば「○○さんとの旅行にて」と一言メモするだけでも、写真の「思い出度」が増しそうです(´▽ ` )


gi01a201502170600dgtwz.png
メモ帳の出番は何かメモしたいものが出来た時。「ながら」の使い方は用途にとても合っています。


単にメモアプリということであれば、iPhoneやiPadに標準でインストールされています。
でもよく使うツールですから、やはり使い勝手の良いアプリで快適にメモりたいですよね。
今回ご紹介したアプリでもよし、これをきっかけに色々試してみるのもよし。どうぞ快適なメモライフを!
それでは今回はこの辺で!


関連リンク ブラウザメモ メモ2

服や鞄を色で管理するiOSアプリ!

こんにちは、ブログ担当のdecoです(´▽ ` )
夏が終わり秋がやってきたわけですが、今年の夏のバーゲンで服や鞄は買われましたか?
decoは数枚、服を買いました。綿や麻の自然素材100%の服が欲しくなりまして。

とまあ、それは置いておいて。
バーゲン品って、買ったものの一度も着ないまま仕舞ってあることが少なくないそうです。
ドキッとした方は、それが1枚じゃ2枚じゃなさそうですね…。

バーゲン品がそうなってしまう原因は…
その1 合わせる服が無い
通常は着たい服に合わせた服や鞄を探しに行きますが、バーゲン品は単体で買ってしまいます。手にとってそのままレジに行くことも多く、試着している人はあまりいません。
その2 来年着ようと思って、そのまま存在を忘れてた
バーゲンは当然、シーズンの終わりにあります。順調に気候が変わればその年の出番は無いってことに。
その3 買ったことに満足して、包装の袋から取り出してすらいない
これは女性は結構あるあるなパターンだそう…。


買い物
つい買っちゃったけど、似たような服持ってたかも…?


そんな感じで色々原因がありそうです。今挙げた他にも理由がありそう。
というわけで今回は、クローゼットを管理するためのiOSアプリ『カラクロ』をご紹介したいと思います!

クローゼットを管理する…という目的のアプリは結構あります。
『カラクロ』もその一つではあるのですが、他のアプリとはコンセプトが異なる印象を受けました。
多数の管理アプリが「着てない服をコーディネイトに取り入れよう!」という方向性を目指しているのに対し、『カラクロ』は「着てない服を把握して処分しよう!」と断捨離支援的。色とカテゴリだけのシンプルな管理という、「整理」に重点を置いたアプリになっています。

クローゼット管理と聞いて、「自分がやりたいのは後者だ!」と思った方なら、『カラクロ』が合っているのではないかと思います。
後者の人は、多分、好きで服を集めたわけでなくいつの間にか増えていたのではないでしょうか?
個性を出すためでなく、逆に奇抜にならないように無難にまとまるようにコーディネイトを考えたい人ではないでしょうか?
そういう方の場合、前者の「着てない服をコーディネイトに取り入れよう!」なアプリでは、手に余ると思います。何故なら、とくに服が趣味でない人は「着ない服は着ない」から。
「こんな服あったんだ」と思うほど着てない服は理由があってそうなっているのであって、とても気に入って購入した服なら、そんな憂き目に遭ってるわけないのです。気に入ってない服でいくらコーディネイトを考えたところで着る可能性は低いんじゃないかと(- _- ; )
なので、お気に入りの服だけを残した後に着回しを考える『カラクロ』でのコーディネイトが、オススメです♪(´▽ ` )

登録した後の服や鞄はアプリですぐに見られるので、次に服を買うときにそのままお店で確認出来ます。
これで似たり寄ったりな服や、どうにもコーディネイトに入れられない服とはさよならですね! バーゲンの失敗その1と2は解決です。3は…お互い頑張りましょう!(^_^; )
処分したいわけじゃない、服も鞄も靴も大好きだからいっぱいあっても困らない! という方は、大量の服を活かすことに凝ったアプリもあるようなので、探してみるといいかもです(´▽ ` )
それでは今回はこの辺で!


関連リンク カラクロ

方向音痴”専用”アプリ!?

こんにちは、ブログ担当のdecoです(´▽ ` )
散策やドライブが趣味って方、結構おられると思います。
目的はあのお店だけど、ちょっと時間もあるし周辺も見てみようかなとか、目的地自体なくて気の向くままに車を走らせるとか。
いいですね…憧れます。
decoは…常に分かりやすくかつなるべく最短のルートしか選べない。何故なら、すぐに迷ってしまうから!

decoは方向音痴なのです(´□`;) まったく地図が読めないというわけではありませんが、入り組んだ道だと8割アウト。
こっちの道を通った方が早いと言うアドバイスを涙を呑んで却下、遠回りの大通りをてくてく歩くことを選んでしまう。
コンビニの店員さんに道を尋ねたことは多々あるし、オンラインゲームでも迷子のdecoをフレンドが迎えに来てくれるという状況になったこと一度や二度に非ず(うぅ、いつもありがとう~)。

歩く
「こっち」ではなく「こっちのような気がする」道を行く方向音痴…


と、いうわけで今回は、そんな方向音痴の為のアプリ、『Waaaaay!』(iOS版とAndroid版があります)を紹介したいと思います!
『Waaaaay!』は方向音痴の為のアプリであり、またタイトルに書いたように方向音痴”専用”です。
と言うのも、普通に地図が読める人はこれ使うと逆に迷う…そんな気がする!( ; ・`ω・)

『Waaaaay!』はナビアプリなのですが、地図が表示されないのです。
正確に言うと、表示される機能はあるけれど、あくまで補足。メニューから呼び出さない限りしゃしゃり出てくるような真似はしません(笑)
表示されるのは、目的地のある方向とおよその距離だけ。
方向音痴は地図が読めない=地図がいらない。随分と思い切った発想だけども、確かに言われてみると納得。
少なくともdecoは、地図上にリアルタイムで「現在地は○○町の○番地付近です」と表示してくれるより、現在地がまったくわからないままでも始終「こっちだよ」と誘導してくれる人が居る方が嬉しい。そういうことなんだ!

それでも迷った時の「迷った。ギブアップ」機能も強力。配車サービスUberと連携していてタクシーが迎えにきてくれるそうな(現在は都内に限る模様)。
そのほか面白いのが、目的地だけでなく目的の人へのナビもしてくれるところ。
お互いにアプリを入れると使用出来て、メッセージ機能もあるから逐一状況を伝えられる。あ、歩きスマホは危険なので、メッセージを打つ時は立ち止まって下さいね(´▽ ` )

アプリの評価を見てると意外(失礼!)と目的地(目的人物)に着けてる方がいらっしゃる様子。
ただ、Android版については、端末の仕様によって上手く作動しないこともあるみたいです。本番前に一度近所で試してみた方がいいかもですね。
それでは今回はこの辺で!


関連リンク Waaaaay! ASCII.jp
プロフィール

deco

Author:deco
デジタルをコンシェルジュするべく気になるデジタル系情報を独断と偏見でお送りします。

最新記事
カテゴリ
PR

デジタルボックス

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。